1. ホーム
  2. 新着情報
  3. 芸大美術館「日本美術をひも解く―皇室、美の玉手箱」
ブログ
芸大美術館「日本美術をひも解く―皇室、美の玉手箱」
2022/07/16
上野の東京藝大で「日本美術をひも解く―皇室、美の玉手箱」展が開催されます。

日本の美術史を最初に体系的にまとめたのが、1890年の東京美術学校(現 東京藝術大学)における岡倉天心が行った日本美術史の講義とされています。

本展は、美術の理解を深めるという原点に立ち返り、鑑賞者が最初に見る、作品の形やモチーフに焦点をあて、代々日本の文化の中心に位置して美術を保護、奨励してきた皇室に伝えられた品々を収蔵する宮内庁三の丸尚蔵館の名品、優品約90件で日本美術をわかりやすく紹介します。

会期
2022年8月6日(土) - 9月25日(日)
午前10時 - 午後5時(入館は閉館の30分前まで)

休館日
月曜日(ただし、9月19日は開館)
会場
東京藝術大学大学美術館 本館 展示室
観覧料
一般 2,000円(1,800円)、高・大学生 1,200円(1,000円)

【秋SALE】5%オフ★【素泊まり】東京駅まで山手線3駅でアクセス抜群