1. ホーム
  2. 新着情報
  3. 上野西洋美術館で近年で最大規模「ルーベンス展」開催
ブログ
上野西洋美術館で近年で最大規模「ルーベンス展」開催
2018/10/28
ペーテル・パウル・ルーベンスは、バロックと呼ばれる壮麗華美な美術様式が栄えた17 世紀ヨーロッパを代表する画家です。彼は大工房を構え時代に先駆ける作品を量産し、同時代以降の画家たちに大きな影響を与えました。さらにその能力は画業にとどまらず、ヨーロッパ各地の宮廷に派遣されて外交交渉をも行いました。

本展覧会はこのルーベンスを、イタリアとのかかわりに焦点を当てて紹介します。本展はルーベンスの作品を、古代彫刻や16世紀のイタリアの芸術家の作品、そしてイタリア・バロックの芸術家たちの作品とともに展示し、ルーベンスがイタリアから何を学んだのかをお見せするとともに、彼とイタリア・バロック美術との関係を明らかにします。近年では最大規模のルーベンス展になっていますので、お見逃しなく!!

じゃらん限定【素泊まり】JR御徒町駅徒歩5分!東京駅まで山手線3駅でアクセス抜群★

  • 《エリクトニオスを発見するケクロプスの娘たち》
  • 《マルスとレア・シルウィア》