1. ホーム
  2. 新着情報
  3. 上野国立博物館 特別展「日本のたてもの」開催中
ブログ
上野国立博物館 特別展「日本のたてもの」開催中
2020/12/11
展示会では、1964年の東京オリンピックに併せて博物館で開催された「日本古美術展」出品模型や、文化庁が国宝・重要文化財建造物を修理する際に、形態、技法などを検討し、その技を伝承するために製作してきた模型を活用し、古代から近世までの日本建築の成り立ちについてご紹介します。

1.仏教の伝来と建築の様式化
法隆寺五重塔(奈良県/国宝)、大仙院本堂(京都府/国宝)、長寿寺本堂(滋賀県/国宝)などの模型の展示によって、塔婆、仏堂、門などの建物種別を時代順に紹介し、意匠や構造にみられる様式から「日本建築らしさ」を紹介します。

2.交易の要と象徴
交易によって城下町が栄えた松本城(長野県/国宝)と首里城(沖縄県)の2つの異なるタイプの城郭を紹介します。

3.神々への信仰と生活のかたち
神社本殿の形式を示す例として、仁科神明宮本殿(長野県/国宝)、春日大社本社本殿(奈良県/国宝)など、住機能・形式を示す例として、登呂遺跡竪穴住居(静岡県/特別史跡)、慈照寺東求堂(京都府/国宝)、今西家住宅(奈良県/重要文化財)などを紹介します。

会期 2020年12月24日から2021年2月21日
会場 東京国立博物館 表慶館(上野公園内)
開館時間 9時半から17時
休館日 月曜日 

上野ファーストシティホテルから上野公園までは徒歩10分です!

【冬SALE】5%オフ★【素泊まり】東京駅まで山手線3駅でアクセス抜群